ダイエット中でも食べられる!和菓子のメリット

和菓子は脂質の少ないお菓子です

ダイエット中には絶対にお菓子を食べてはいけない、と思われていますが、実はそうではありません。もちろん、食べても良いものと悪いものがありますが、和菓子は食べても良いお菓子の代表です。まず、洋菓子に比べて脂質が少ないです。バターや生クリームがたっぷりだとその分カロリーも増しますし、口当たりが良いのでぺろりと大量に食べられてしまうというのも洋菓子の危険な部分です。和菓子もバターや生クリームを使ってあるものもありますが、洋菓子ほどではありません。

あずきは体をきれいにする食材

さらに和菓子によく使われているあずきは体にいいので、ダイエット中の美容にもおすすめです。食物繊維がたっぷりで腸内環境を整えてくれる効果も期待できますし、夏には体の熱を取ってくれます。つぶあんだと噛みごたえもあって満足感がえられやすく、少量で気が済むのもいいところです。最近では生クリームとあずきを合わせた和菓子などもあるので、ダイエットの計画と相談しながら楽しみましょう。甘さもしっかりしているので糖分も取れます。

目的別和菓子の選び方

糖質制限をしているなら、どら焼きやまんじゅうなど小麦粉の皮がたっぷりついているお菓子よりも、きんつばや薄皮の大福などを選ぶと良いでしょう。生クリーム入りのどら焼きだと、その分あずきが少なく、糖質も減ります。もっとカロリーの少ない和菓子を食べたいときは、くずきりやわらびもちなどを選び、黒蜜を少なめにするなどの工夫もいいでしょう。比較的カロリーが消費されやすい午前中に食べるようにするのもおすすめです。

ずんだ餅とは仙台を中心に南東北で知られる名物郷土料理です。茹でた枝豆をつぶしたものと砂糖を混ぜ合わせ、餅にまぶして食べる料理です。

Post Author: admin