屋上緑化でおすすめ、お手入れが簡単な植物

屋上緑化の効果とは?

近年、地球温暖化や環境破壊の問題がメディアでもたびたび取り上げられており、それに伴って屋上緑化をする方が増えてきています。都心ではアスファルトやコンクリートに覆われ、熱がこもるヒートアイランド現象を緩和させたり、遮熱効果があるため光熱費の節約になる効果が得られます。植物は空気を綺麗にしてくれ、屋上に少しでも緑があると、癒しのスポットにもなるでしょう。紫外線や雨から建物を植物が守ってくれるので、耐久性の向上にもなります。

お手入れが簡単な植物を選ぶ

植物には、季節によって落葉が出るものがあります。そのたびに掃除やお手入れをするのは大変ですが、中には1年以上落葉のでない種類もあります。屋上緑化に使用する植物を常緑のものにすれば、お手入れの時間も短くなります。お庭は、地面に這うように増える地被植物、低木類、中木類、高木類と高低差をつけながら植物を植えていきます。寒さや暑さに弱い種類もあるので、植えたい場所の気候にも気を付けながら植物を選ぶと、失敗が少なくなります。

お手入れが簡単な植物たち

地被植物では、タマリュウやヘデラがお勧めです。生命力も比較的強く、全国の公園などでも使用されています。低木類のヒイラギナンテンは、冬に花をさかせ良い香りがしますし、ピラカンサは冬に赤い実をつけ、それを目当てに鳥がやってくるかもしれません。中木類のグリーンコーンは小さなモミの木のような形をしており、列植によく使われています。高木類になると建物によっては植えられないところもあるため注意が必要です。高木類のオリーブは秋ごろに実がなるため、成長を見るのが楽しくなる植物です。

大都市の真夏に発生しているヒートアイランド現象は屋上緑化をする事によって緩和が出来るので、近年建設されるビルの一部に人工芝や庭園が造られるようになりました。

Post Author: admin